YUPPICIDE american oblivion CD

NYHC, NY PUNKのLEGEND、YUPPICIDEの14年振りのNEW EP。DEAD CITYとWDsoundsの共同リリースになります。
YUPPICIDEがまた動き出す。そのSTYLEはぶれる事無く、より確固たるものとしてYUPPICIDE。NEW YORK HARD CORE / PUNKのLEGENDであり、今もなおSTRANGEで普遍的な存在。このEPのリリースは少しだけ、そして大きな事件である事を憶えておいてもらいたい。
14年振りとなる新しい音源でもYUPPICIDEは変わる事は無い。音的に言えば、熟練度の高いAMERIAN HARD CORE PUNK / SKINHEADSと言えるであろう部分を色濃く見せているけれども。何と言うかこれはNEW YORK HARD CORE / PUNKの今あるべき姿の一つがここにある。自分達のペースで進み、止まり。自分達の音で。言葉で。YUPPICIDEのスタイルでただただ進む。MURPHY'S LAWやMAXIMUM PENALTY, SHEER TERRORと共にNEW YORKの街中の少しガラの悪い音楽。

下記に簡単なYUPPICIDEの資料を記させて頂きます。
DEAD CITYより2010年にリリースされたDISCOGRAPHYはYUPPICIDEが現在のHARD COREに与えた影響を証明した。 YUPPICIDEはとてもユニークでシニカルなそしてクラシカルなNEW YORK HARD CORE BANDだ。1988年にBROOKLYNにて結成。80年代後期~90年代後期にかけ て、NYではCBGBやABC NO RIOを中心に活動し、88年にリリースされた9曲入りのDEMO TAPEを皮切りに数多くの7inch、アルバムをリリースした。89年の7inchではNYHCと言えば言わずもがななプロデュースはDON FURY。USの重要レーベルであるWRECK-AGEから数多くの作品をリリースしている。
YUPPICIDEのPLAYしていたNYHCを説明するのは難しい。血まみれのイメージが。CHAOTICではなくCHAOS。HARD COREの持つSTRANGEで普遍なイメージを最も体現するOLD SCHOOL NEW YORK HARD CORE。
 BILLY CLUB SANDWICHやSIX AND VIOLENCE、NO REDEEMING SOCIAL VALUE, BAD LUCK 13といったバンドに対して与えた影響は聴けばすぐに分かるだろう。NO REDEEMING SOCIAL VALUEの様なギミックを使った表現の原型もそこにはある。しかし、YUPPICIDEは所謂METAL的なHEAVYさやクロスオーバーは一切押し出 さない。AGNOSTIC FRONTやWARZONEに並ぶSTRAIGHT UPなNYHCだ。BREAKDOWNにさえ通じる様なリズムを重視した NYHCであり、MURPHY‘S LAWにも通ずる(YUPPICIDEもREGGAE/SKAからの強い影響を感じる曲もPLAYしている)FUNでHARDなNYHCだ。シニカルな表 現を曲の中に落とし込んでいる様やARTWORKとLIVEは誤解を生み出しやすいがYUPPICIDEは生粋のNYHCだ。
YUPPICIDEはNYHCを代表するバンドである。それと同時にアメリカを代表するHARD CORE BANDでもある。80年代のUS HARD COREが歴史と共に産み出していった自由でどこまでも行く事の出来るHARD CORE。



1. dead inside
2. too late
3. there's a line
4. american oblivion
5. files on…
6. not without you

1,260円

在庫あり
注文数 :
こちらの商品が再入荷した場合
メールでお知らせします。
メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。

この商品を買った人はこんな商品も買っています

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索